Nature Designs ネイチャーデザインズの新着情報

仕事上のネタがないときはくだらないことを書いてほぼ毎日更新中!

旅してました  

先週なかごろから名古屋~大阪へショートトリップしてきました。
日本語で言うと短い行商です。

土曜の午前中で行商が完了したので大阪から京都へ移動。
雑誌で見てからずーっと見たいと思っていた東福寺の方丈庭園へ行くためです。

その日は小雨、そして蒸し暑くて、不快指数かなり高。
でも、爽やかで過ごしやすい気候よりも
こんな過酷な気候の方が、京都の寺巡りは感動的だったりするので油断できません。

汗をダーダーかきながら東福寺に到着。そして方丈庭園へ。
重森三玲によって昭和13年に作られた枯山水形式の庭園だとパンフに載ってました。

まずは南庭へ。
P1000067.jpg

ちょうど団体さんがいて、ガイドさんが説明してたのを聞いてたら
砂の模様(砂紋という)は、当初は重森三玲さんがデザインした模様を守っていたが
だんだん変わってきちゃって、重森さんに
「オリジナルに戻した方がいいどすか?」と聞いたら
「いやいや変わってもヨカですよ」とのお返事。

禅寺だから、そこんとこは超厳しいのかなあと
思い込んでいましたのでかなり驚きました。
ちょっと前に砂紋を描いたところらしく、ガイドさんが
「今回は丸がちょっと増えてますね~」と言ってました。
P1000068.jpg

そして一番楽しみにしてた北庭。
か、かっちょいい・・・
もっと苔がきれいな時期にもう一度来ようと思います。
P1000066.jpg

庭を見ていると何種類ものセミの鳴き声が聞こえて来て、旅人気分が盛り上がります。
が、近所の学校でホルンを練習してる音に気づいて
おまけにゃあ選挙カーからの最後のお願いが聞こえてきたりして苦笑。

東福寺を堪能した後、知人オススメの泉涌寺へ向かう途中の橋。
P1000075.jpg

歩いて行くと意外に距離があり、またもや汗ダーダーかきつつ泉涌寺に到着。
靴下を脱ぎ、縁側に座り込み、ボーっと庭を見る。
しかも拝観客はオイラだけ。至福の瞬間です。
楽しんじゃってすんません。
P1000076.jpg

泉涌寺は所蔵美術品を公開していて
かわいらしくてユーモアのある作品が多くて
予想外に堪能しまくりました。

のんびりしてたらもう閉館。
京都駅まで歩いて戻ったのですが
京都ってご老人と学生が本当に多いです。

歩いている間、京都には友達がいるから、泊まっちゃえばいいじゃん!
と頭の中の悪魔が甘くささやきましたが、我慢して新幹線に乗車。
煩悩に打ち勝った自分にプレミアムモルツをご褒美してあげました。

以上、京都ちいさなひとり旅2009夏篇。
また来るどすえ。

(次はちゃんとしたカメラを持っていけ!オイラ!!)

category: お仕事一般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naturedesigns.blog114.fc2.com/tb.php/303-1c9197bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)